セミナー棟竣工イベント 開催

10月19日 セミナー棟竣工記念シンポジウムを開催しました。

対話から学ぶ歴史と未来  [日本とドイツの引揚者・帰国者の戦後]

 セミナー棟竣工記念シンポジウムとして、

木村護郎クリストフ教授(上智大学)らをお招きして、

東欧からのドイツ人追放・避難の歴史について学習、意見交換しました。

 まず、ドイツ人が東欧から追放・避難を余儀なくされた歴史的背景を木村教授が説明。

その後、チェコからの引揚者ヘルガさんらが自身の体験を語った。

 ヘルガさんは1935年ドイツ生まれ、1939年にチェコへ移住した。

終戦となり、ソ連軍の監視の下、4歳と6歳の幼い兄弟二人とともに

毎日約15キロを歩いて国境を目指した。

 「戦争はあってはならない。二度と起さないためには信念を持つこと。

  感傷的に聞こえるかもしれないが、自分自身をささげるほどの覚悟が必要。」

と、強い眼差しで聴衆に訴えた。

【シンポジウム概要】

◆日 程 2019年1019(土) 13:00~16:30

◆場 所 満蒙開拓平和記念館 セミナー棟

◆参加費 記念館入館料+500円

◆定 員 100名(事前申込制、学生優先席あり) 

→詳細はイベントページへ ※申込はTEL又はFAXにて TEL/FAX:0265-43-5580

ポーランドに広がる田園風景

【当日スケジュール】

13:00~13:10 開会

13:10~13:40 ドイツにおける引揚げ基礎講話 

          講師:木村護郎クリストフさん(上智大学外国語学部教授)

13:40~15:40 シンポジウム(途中休憩あり)

   パネリスト

   ・Helga Engshuber    (ヘルガさん、チェコからの引揚げ者)

   ・Maria Wethan      (マリアさん、ルーマニアから後期帰国者)

   ・Rosemarie Schuran(ローズマリーさん、ルーマニアから後期帰国者)

   ・南 誠さん       (長崎大学多文化社会学部准教授

                 祖母が中国残留婦人、自身も中国帰国者)

15:50~16:20 ディスカッション

16:20~16:30 まとめ            

日本とドイツの引揚者・帰国者.pdf
PDFファイル 614.2 KB