写真展 『国賠訴訟を闘った中国残留孤児たち』 開催中です!

 兵庫県尼崎市在住の写真家・宗景正さんが撮影された写真展を開催しています。

期間は ~10月17日(月)まで 記念館内光の回廊にて

宗景さんは長年、中国残留日本人孤児を取材され、2008年に中国残留孤児訴訟兵庫原告団を取材した『私たち「何人(なにじん)」ですか』を毎日新聞樋口岳大記者と共著で出版。現在は仲間と尼崎市で帰国者支援活動を行いながら、旧満州の開拓地を訪れ取材を続けています。

 期間中に宗景さんをお招きしてのトークイベントを開催します。

 

トークイベントにも ぜひご参加ください♪

10月2日(日)午後1時~2時30分 トークイベント「満洲移民と中国残留日本人」

 中国残留孤児に寄り添ってきた宗景氏が、旧満州開拓地の写真を紹介しながら

 

 「満州移民」の歴史をたどります

宗景氏写真展ご案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 840.1 KB

満蒙開拓平和記念館 TEL/FAX 0265-43-5580

 

9月休館日 6日(火)、13日(火)、14日(水)、20日(火)、27日(火)、28日(水)

10月休館日 4日(火)、11日(火)、12日(水)、18日(水)、25日(火)、26日(水)

 

2016年の開館カレンダーをアップしました。9月~11月は団体のお客様で混み合います。

団体旅行ご計画中の皆さまは早めにご予約下さい。

開拓団住居を再現

鎮魂の庭 慰霊碑

体験者の証言


「語り部・定期講演」のお知らせ

 

4月~12月(予定)までの

毎月第2・4土曜日の午後2時~3時30分に

開催しています。

体験者の生の声をお聞きください。

 

 

【今後の予定】

    10月8日(土) 午後2時~3時30分

  語り部 未定

  10月22日(土) 午後2時~3時30分

  語り部 未定

 

満洲移民に反対 大下條村長の肉声を書き起こしました。

2016.2.20 朝日新聞より

先日、元大下條村の佐々木忠綱村長の肉声テープが記念館に寄贈されました。

その中で、満蒙開拓について語られた部分を書き起こしました。

貴重な資料かと思います。ダウンロードしてご覧ください。

佐々木村長 音声書き起こし.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 144.6 KB

澤地久枝講演会 開催しました。

11月3日(文化の日)に澤地久枝さんをお迎えして講演会を行いました。

夏場は体調を崩されていたそうで、心配しておりましたが、

当日は大変お元気そうで、澤地さんの満州での勤労奉仕体験をもとに、さまざまな思いをお話しいただきました。


多くのお申し込みを頂き、約500名の

方にご聴講いただきました。

講演会後はサイン会、

そして、共同記者会見と続きました。


テレビ放映がありました。 (1/7up)

1月5日にNHKで放映された内容がアップされています。

(以前、首都圏ネットワークで放映されたものです。) 

映画「望郷の鐘」 各地で上映会があります。

映画館での上映はほぼ終了しています。

各地で自主上映会が開催開催されていますので、

詳しくは、映画「望郷の鐘」HPにてご確認ください。

 

なお、映画プロダクションでは、『望郷の鐘』上映してくれる団体の募集をしています。

上映資料が必要な方は、直接下記プロダクションへお問い合わせください。

【お問い合わせ】

株式会社 現代ぷろだくしょん

〒161-0034 東京都新宿区上落合2-22-23 上落合ハイツ409

Tel 03-5332-3991 Fax 03-5332-3992

 

開館カレンダー ご覧ください。

Googleカレンダーと連動した新しい開館カレンダーをupしました。

団体予約やイベント、セミナールームの貸切利用などを掲載しています。

ご来館の計画にご活用ください。

なお、ご予約いただいた団体様で掲載がない場合は事務局へご確認ください。

“ピースサポーター”(協力会員)になっていただけませんか。

平成28年の協力会員“ピースサポーター”を募集しています。

 

当館は入館料とご寄付により民間団体が運営する施設であり、維持運営が大きな課題です。

満蒙開拓の歴史を後世に語り継ぐため、平和な社会構築のため、あなたの力を貸してください。ご協力をお願い申し上げます。

詳細はこちらから