満蒙開拓のミニ知識

満蒙開拓について、ここではあくまで基本的なことについて述べさせて頂いています。

まずは、一般には余り知られていない「満州」や「満蒙開拓」等についての

基本的なことを知って頂くことを主眼としていますので、学術的、専門的な視点

からはもの足らないと思いますが、前記趣旨からのことですので簡易化、

表現省略等はご容赦ください。


※「旧満州」、「満州」等の用語を使用していますが、これらを美化・賛美しよう等

の意図ではなく、歴史を正しくそのままに伝えようという意図によるものです。

満蒙開拓関係略史

年号   西暦  

明治

38年

1905

日露戦争で戦勝国となりロシアから中国東北部の旅順、

大連等の租借権、南満州鉄道

経営権を獲得。中国東北部からのロシアの撤退、

日本進出の足がかりを得る。

昭和

4年

1929

拓務省設置。世界恐慌。繭価暴落

(大14年/10.14円→昭5年/2.55円)。

6年 1931

満州事変勃発。関東軍、柳条湖の鉄道線路爆破。

15年戦争の出発点となる。

7年 1932

満州国建国。第1次武装移民神戸港出発、後に弥栄村開拓団。

以後、武装(試験)移民から、分村、分郷移民、さらに

青少年義勇軍などさまざまな形で終戦間際まで続く。

8年 1933 日本、国際連盟を脱退。(日本軍の満州からの撤退勧告を受け)
11年 1936

2.26事件発生。満州移民反対の高橋是清蔵相暗殺。

広田内閣、満州移民20年/100万個計画(国策)を発表。

12年 1937

蘆溝橋事件発生。日中全面戦争に入る。満州拓植㈱を改め

満州拓植公社設立。

13年 1938

国家総動員法を公布。国の「分村移民計画」が成立。

満蒙開拓青少年義勇軍の本格募集が始まり、5,000人渡満開始。

分村移民の入植始まる。

14年 1939

拓務、農林、文部「大陸の花嫁」100万人計画を樹立。

国内の労働力不足等から「分村」から「分郷」開拓団へと方針変更。

16年 1941

4月 日ソ中立条約調印。

12月 太平洋戦争始まる。

20年 1945

5月 大本営、ソ連参戦時には満州の3/4放棄を決定。

太平洋戦争終結。死者/日本310万人、アジア2,000万人。

終戦までに開拓農民として満州に渡ったのは全国で約27万人。

うち長野県出身者は義勇軍を含め、約100団/37,859人。

21年 1946

葫蘆島などより旧満洲在留邦人の引揚本格化。

長野県開拓自興会が設立。

24年 1949

中華人民共和国設立。

33年 1958

長崎国旗事件、日中国交全面断絶。

中国からの在留邦人帰国全面停止。

34年 1959

満蒙開拓団を含め「戦時死亡宣告」公布。

47年 1972

日中共同声明(国交正常化)。

53年 1978

日中平和友好条約締結。

56年 1981

残留孤児訪日調査開始。

平成5年

1993

 中国残留婦人12名帰国強行事件。

6年 1994

「中国残留邦人等の帰国の推進・自立支援法」公布。

飯田日中友好協会、特別身元引受人に登録。

DVDの貸出について

・DVD「満蒙開拓の真実」(制作著作:満蒙開拓平和記念館、20分)の貸出を行っております。

 平和学習・事前学習にご活用ください。郵送料のご負担をお願いします。

 複写・転用は厳禁です。

下記より「DVD借受書」をダウンロードできます。ご利用ください。

DVD借受書 H28.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 149.5 KB
DVD借受書 H28.docx
Microsoftワード文書 49.3 KB

展示パネルの貸出について

・展示用パネルの貸出を行っております。

 平和学習・事前学習にご活用ください。郵送料のご負担をお願いします。

 複写・転用は厳禁です。

 下記より「パネル借受書」をダウンロードできます。ご利用ください。

パネル借受書・概要.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 229.5 KB

「長野県開拓団対比表」について

長野県開拓団関係の読み仮名等も記載した「対比表」を作成いたしました。

当記念館専務理事寺沢秀文 監修作成のため、当表を対外提示等する場合には、

「満蒙開拓平和記念館作成」を明記して下さい。

下記よりダウンロードしてご利用ください。

長野県開拓団対比表
長野県送出の開拓団等につき、その開拓団入植図の「全国版」添付図と「長野版」添付図とを対比し、その読み仮名等を整理したものです。
「全国版」とは全国拓友協会発刊の「満洲開拓史」を、「長野版」とは長野県開拓自興会発刊の「長野県満洲開拓史」を言います。
読み仮名等は、原則として長野県開拓自興会発刊の「長野県満洲開拓史」における読み仮名を採用しています。
長野県開拓団対比表H29.6.1訂正版.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 205.7 KB

満洲移民に反対 大下條村長の肉声を書き起こしました。

先日、元大下條村の佐々木忠綱村長の肉声テープが記念館に寄贈されました。

その中で、満蒙開拓について語られた部分を書き起こしました。

貴重な資料かと思います。ダウンロードしてご覧ください。

2016.2.20 朝日新聞より

佐々木村長 音声書き起こし.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 144.6 KB