満蒙開拓平和記念館の理念

◎全国で最も多くの開拓団を送出した長野県南部に「満蒙開拓」に特化した

   記念館を設置し、歴史・資料の記録・保存・展示・研究を行い、

 後世に正しく歴史を伝えるための拠点とします。

満蒙開拓語り継ぎ活動の拠点、残留邦人の交流の場として、

 さらに日中友好事業活動等に寄与しうる拠点施設とします。

◎戦争、そして多くの満蒙開拓移民を送り出した〈負の歴史〉から、

 アジア・世界に向けた「平和・共生・友好の未来」創造への発信拠点とします。

記念館 概要

 

    名 称 満蒙開拓平和記念館
  管理者 一般社団法人 満蒙開拓平和記念館
  所在地

〒395-0303

長野県下伊那郡阿智村駒場711番地10

  記念館への道のりは →アクセス 

  電話/FAX

0265-43-5580

記念館 建設概要

  建設主体   一般社団法人 満蒙開拓平和記念館事業準備会
   建設地   長野県下伊那郡阿智村駒場711番地10
  建物構造   木造瓦葺平家建  
  敷地規模   1,455,57㎡(440.30坪)  
  建物規模   約437.7㎡(132.4坪)  
  館内間取

 

展示室、セミナールーム、喫茶コーナー、玄関、ホール、

資料研究室、収蔵庫、書庫、倉庫、トイレ(男子・女子・多目的)

 
  駐車場

 

大型バス3台 普通車30台

 

記念館 事業計画

 ◆ 事業目的

 日中双方を含め、多くの犠牲者を出した満蒙開拓の史実を通じて、戦争の悲惨さ、

平和の尊さを学び、次世代に語り継ぐと共に国内外に向けた平和発信拠点とする。

 ◆ 事業概要

 1) 常設展示(通年)、企画展示(年数回)

 2) 平和教育活動

    ・平和学習教育プログラムの提供

    ・修学旅行などの受け入れ

    ・「語り部」定期講話の実施

    ・証言映像の上映

    ・学習会やセミナーの開催

 3) 日本語教室や帰国者サロンの運営など中国帰国者等の交流支援事業

 4) 国際交流や平和学習など関係団体との連携事業

 5) 調査研究および資料保管活動拠点 「満蒙開拓研究所(仮称)」の開設

 6) その他交流会や各種イベントの実施

館長就任のご挨拶

2018年3月、当法人の代表理事及び館長が河原進より

寺沢秀文(前専務理事)に交代となりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

館長就任のご挨拶

この度、3月8日開催の一般社団法人満蒙開拓平和記念館の理事会において、同日付けにて代表理事並びに館長を拝命いたしました。記念館設立準備会の会長として、また開館後は5年間に渡り館長としてお務め頂いた河原進前館長の後任として記念館運営の重責を担わせて頂くこととなります。河原前館長を始めとする多くの先人の皆様方の御功績を大切にしつつ、記念館運営に全力を傾けてまいりたいと心いたしております。

 全国で唯一の満蒙開拓に特化した記念館として、満蒙開拓の史実を通じて、戦争の悲惨さ、平和の尊さを語り継ぎ、未来の平和に向けて発信していく、その当記念館の目標とするところは、これからもぶれること取り組んでいく所存です。

 当記念館も皆様のお陰様を持ちまして開館5周年を迎えます。しかし民間運営としての厳しい館運営は今後も続き、そのような中で5年先、10年先を見据えた施設の充実等も模索して参りたいと思っております。どうか皆様方におかれましても、満蒙開拓平和記念館への今後の御指導御鞭撻を引き続き賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

 

平成30年3月吉日

                       一般社団法人 満蒙開拓平和記念館

                                                       代表理事 館長 寺沢秀文

 

 

決算公告

第8期 決算書.pdf
PDFファイル 71.8 KB
第7期 決算書.pdf
PDFファイル 75.8 KB
第6期 決算書.pdf
PDFファイル 72.5 KB
第5期 決算書.pdf
PDFファイル 73.6 KB
第4期 決算書.pdf
PDFファイル 78.2 KB